So-net無料ブログ作成
検索選択

当選祝い…わいろ渡した業者に有罪 宝塚市汚職(産経新聞)

 兵庫県宝塚市の汚職事件で、贈賄罪に問われた経営コンサルタント会社社長、西岡栄太郎被告(70)に対する判決公判が23日、神戸地裁で開かれた。岡田信裁判長は「利欲的かつ自己中心的で市政に混乱を招いたが高齢であることなどくむべき事情もある」などとして懲役1年6月、執行猶予4年(求刑懲役1年6月)を言い渡した。

 判決によると、西岡被告は平成18年4月、同市都市整備公社の霊園工事にからみ、元宝塚市議と共謀し、当選直後だった前市長、阪上善秀被告(62)=大阪高裁で公判中=に現金100万円をわいろとして渡した。

 弁護側は「当選祝い金であり、わいろではない」と無罪を主張していたが、岡田裁判長は「金を渡した後に工事の話をするなど、便宜供与を求めていたことは明らか」と退けた。

【関連記事】
宝塚市のキリスト教会でも消火器投げ込まれる
未来のタカラジェンヌ40人 宝塚音楽学校で入学式
両陛下が宝塚の公演ご覧に 陛下は52年ぶり
行方不明だった宝塚の小6、小5の兄弟、無事発見
汚職蔓延のロシア 賄賂平均額が前年比2・5倍
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<出水市長選>渋谷氏が再選 鹿児島(毎日新聞)
<都ぼったくり条例違反>初摘発 風俗店経営者ら(毎日新聞)
教員人事権5市町が受け入れPT 大阪、連休明け発足(産経新聞)
自立支援法訴訟 東京地裁でも和解成立 一連の14件終結(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>21日から日中警察会議(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。